バイナリーオプション初心者の館

ここ最近では、外貨の動きは数年前とは大きく異なっている一面があります。その理由ですが、日本人のトレーダーの方々です。
外貨で売買を行っているのは、もちろん日本人だけではありません。世界中の方々がそれで売買を行っているのですが、最近はちょっと日本人の方々が増えてきている傾向があります。
そもそもFXという商品は、以前は法人の方々のみ売買できる状況だったのですね。個人の方々は、その商品での売買はできませんでした。
ところがある時に色々とシステムの変更が発生し、多くの会社が個人向けの商品を提供するようになりました。それで通貨を使っての売買をする方々の属性などが、変化してきたのですね。
その傾向が特に顕著だったのは、日本です。今まで日本ではその外貨による売買は困難だったのですが、その個人向けの商品が誕生してからは、多くの日本人の方々が口座を作るようになりました。そして、その人数は非常に多かったのですね。
ご存知の通り日本には、非常に多くの方々が住んでいらっしゃいます。確か人口は1億人を超えています。1億人という程ではありませんが、非常に多くの方々がその外貨を用いる商品の口座を作りました。それで昔に比べると、ちょっと通貨の動きも異なってきているのですね。
以前であれば、通貨が下落する事もよくありました。それもセオリー通り、下落する事が度々あったのですね。
ところが最近は日本人の方々が多く参入していますので、今までのセオリーが通用しなくなっている一面があります。個人の方々が独自の考えで売買を行っているので、昔のセオリーではなく最新のセオリーで売買する事も必要になっているのです。ちなみにその日本人の参加者の方々は、たまにミセスワタナベと表現される事もあります。
ただ最近では、そろそろミセスワタナベの方々の人数も停滞するのではないかと言われています。だいぶ人数が増えてきたので、そろそろこの辺りでFXの相場が落ち着いてきても不思議はないでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 14:55:01

FXで売買を行う時は、基本的にはWEB完結になります。証券会社の店舗で証券マンの方に手続きを行ってもらう訳でもありませんし、電話で売買を行う訳でもありません。あくまでもスマホやパソコンなどで所定画面でクリックなどをして売買をする事になります。いわゆる電子媒体を用いての取引になるのですね。
ところで証券会社では、たまに対面取引という用語を用いている事があります。実はその投資商品は、そのような方法でも売買を行う事は可能なのですね。前述のように大抵の会社はWEB完結になるのですが、一部の会社は例外的に対面というシステムを採用しているのです。
ところでこの金融商品で対面という用語が用いられた時には、通常は電話を指します。対面と聞くと、証券マンの方と顔を合わせての売買をイメージなさる方も多いかと思います。しかし実際には顔を合わせるのではなく、証券会社に電話をして注文などをする事になるのですね。ですので対面取引という表現ではなく、電話注文という表現が妥当かもしれません。
ただしその電話注文によるFXの売買の場合は、手数料が多少高めになる傾向があります。前述の電子媒体で売買を行う時には、基本的には数円や数十円前後でしょう。あまり大きな手数料はかからない傾向があります。ところが電話注文の場合は、かなり高めな手数料がかかる事がありますので注意が必要です。どれ位の手数料になるかは会社によって色々異なりますが、数百円位かかるのが一般的ですね。
このため電話注文ができる会社でも、ネット完結で注文ができるケースもしばしばあります。そのような会社で売買を行うのであれば、やはりネット注文をする方が良いでしょう。明らかに手数料がリーズナブルになるからです。
なお対面取引ができるFXの会社は、数は非常に少ないです。全体の20%もしくは30%ぐらいではないでしょう。またそのような会社は、たいてい日本のみになります。海外の会社の場合は、基本的には対面取引が無いのですね。

続きを読む≫ 2015/07/01 14:55:01

FXは、外国為替証拠金取引が正式名称になります。「為替」という名前がついていますが、それは郵便局などでも入手する事ができるのです。
為替は、小切手のようなものになります。まず郵便局で、日本円を米ドルなどに両替します。すると郵便局から、為替という書類が手渡されるのです。その書類は、米ドルとして通用します。
ですので例えばネットショッピングなどをする時には、為替が活用されるケースもしばしばあるのです。その買い物をする時には、もちろん海外の会社に対して支払いをする必要があります。しかし日本円は海外の会社に通用しない事も多々あるので、もちろん米ドルを入手しなければなりません。その際米ドル紙幣でなく、上記のような為替という小切手で支払う方法もあるのです。外国為替証拠金取引という名称が付いていますが、そもそも上記のような小切手と大きな関連性がある訳ですね。
そしてFXの場合は、その小切手のやり取りがWEB媒体になっているのが特徴的です。いわゆる紙媒体でのやり方ではありません。
その金融商品で取引をする時に、わざわざ郵便局などで両替手続きをする事はまず無いでしょう。あくまでもWEB媒体で手続きが行われて、それで米ドルの動きを用いての売買が行われる商品になるのです。
そして紙媒体の為替との大きな違いは、手数料です。郵便局からその小切手を発行してもらう時には、数百円前後の手数料がかかります。その手数料は、決して軽視できない一面があるのです。何回も発行してもらうとなると、数千円前後の手数料になってしまうでしょう。
ところが外国為替証拠金取引の場合は、そこまで多くの手数料はかからないのですね。少なくとも上記のように数百円前後の手数料がかかる事は、極めて稀と言えるでしょう。
しかも郵便局の両替と違って、その店舗の営業時間にも左右されません。FXは24時間で取引できるのです。
どちらも同じ「為替」という名称が付くのですが、手数料や時間帯などに関わる大きな違いがある訳ですね。

続きを読む≫ 2015/07/01 14:55:01