バイナリーオプション初心者の館

バイナリーオプションは資金の運用方法のひとつです

「円安・円高」という言葉は毎日よく耳にしますが、円の価値が経済に大きく影響するので、気にするかたも多いことでしょう。
その影響は外国通貨の価値にも及ぶので、ある決まった通貨の相場の変動を予測し、投資を行うのがバイナリーオプションなのです。
予測といっても二択で、現時点より貨幣価値が上がるか下がるかを選ぶというとてもシンプルなものです。
このシンプルさが初心者でもバイナリーオプションを始めやすい理由の一つです。
また、投資には「損失」というリスクは必ず伴うところも初心者には気になるところのひとつです。
掛け金以上の損失は資金がなくなるだけではなく、マイナスになってしまうということになりかねません。
そのような大きなリスクがある投資は、初心者向けではありません。
バイナリーオプションはまず一定の金額を掛けますが、予測が的中すれば増えるし外れても掛け金が戻らないだけなので、資金が掛け金の金額以上なくなることはありません。
このような小リスクなことも、初心者には安心なところですね。
しかも掛け金は50円からOKという取引や予測の結果が10分後という取引もあるので、初心者が投資に慣れるまで経験がつめるのもバイナリーオプションを行いやすい理由となっています。
バイナリーオプションにもいくつかの攻略法があるので、ご自身にあった方法で投資を行うのもよいでしょう。
ただしバイナリーオプションを取り扱っている多数の業者の中には、詐欺などの要注意な企業があることを認識しておいてください。
不自然なハイリターンやボーナスを提示してくるような企業とは、取引を行わないことが一番です。
取引を行う前にはその業者の口コミや取引情報などをよく精査するなど、ご自分の資金を守るためにも注意を怠らないようにしましょう。
すでに投資家として経験を積まれている方の話を参考にするのもよいでしょう。
バイナリーオプションはとても魅力的な取引ですので、信頼できる企業でご自身にあったペースで楽しむようにしてください。

 

 

バイナリーオプションで儲けることはできる?

 

バイナリーオプションは現在比較的気軽に参加することができる新しい投資のひとつとして人気を集めるようになっています。
特にインターネット上では、このバイナリーオプションを通じて数百万円の利益を得たというような情報も書き込まれるようになりました。
そうした情報を見ると「自分もバイナリーオプションで儲けを出すことができるのではないか」と思ってしまう人が多いのですが、ここで考えなくてはならないのが、そもそもバイナリーオプションで儲けを出すということはどういうことなのかです。
そもそもこの投資の仕組み自体は非常にシンプルです。
対象となる商品、例えば外貨などを一つ設定し、その価値が一定時間後に上昇しているか、下落しているか、それを推理して充てることができれば配当を手にすることができます。
それによって投資金額と回収金額に差額が生まれますから、その差額が自身の利益ということになるのです。
さて、ここでまずネックになってくるのが「取引を終了させるタイミングを自分で選べない」ということです。
例えば株であれば、買った直後に価値が下がってしまったとしても、保持し続けることで配当金による回収が見込めます。
加えて業績が好転すれば価値も上昇しますから、それによって利益を出すこともできるでしょう。
FXなども同様で、一時下落に転じたとしても暫く待つことができます。
ですがバイナリーオプションの場合、取引完了のタイミングが指定されてしまっているために自分でタイミングを選ぶことができません。
そのため、他の資産運用と比べると遥かに運の要素が大きい投機的な物だということができます。
さらに言えば、外貨を対象としたバイナリーオプションはある程度予測を立てることができるものの、常に100%の確率で的中させられる人はほとんどいません。
それは常に、損失を出すリスクの存在でもありますから、引き際を見極めることが必要になるでしょう。
バイナリーオプションは確かに気軽に参入できる投資ということで価値はありますが、実際にはシンプルだからこそ、継続して利益を出すのが難しい投資なのだとして理解が必要なのです。

 

 

GMOクリック証券の外為オプションの取引条件

 

GMOクリック証券では、外国為替のバイナリーオプション取引として外為オプションというサービスを提供しています。
バイナリーオプション取引は、将来の特定日時における外国為替レートを予測し、その時の外国為替レートが業者の提示した目標レートを上回っているか、それとも下回っているかに賭ける取引です。予想が的中していればペイアウトとして設定されている金額を利益として受けることが出来ます。なお、外為オプションではペイアウトは1000円で固定されています。
外国為替証拠金取引と異なるのは、特定日時の外国為替レートを予測しなければならないことと、外国為替レートの変動幅に依存せずに損益が決まる点にあります。特定日時よりも前に目標レートに適合しても利益を得ることは出来ませんし、外国為替レートが目標レートを超えて大きく変動したからといって利益や損失が膨らむことは無いのです。
GMOクリック証券が提供する外為オプションではオプションの新規購入だけではなく、特定日時前に売却したり再購入することも認められています。しかし、購入費用は特定日時までの残り時間によって変化しますので、途中で売却する場合にも利益や損失が出ることが有ります。
GMOクリック証券では、4種類の通貨ペアの取引をすることが出来ます。米ドルと日本円、ユーロと日本円、英ポンドと日本円、ユーロと米ドルの4種類です。これらの通貨ペアのオプション取引の場所として、外為オプションサービスでは平日の午前8時から翌日午前5時までに2時間おき10回の取引の場を提供しています。ただし、必ず2時間おき10回と決められているわけではありません。外国為替レートに大きな影響を与えてしまうような各国の経済指標や金融政策発表がある場合には、時刻を調整することもが有ります。また、クリスマスや年末年始など、インターバンク市場での流動性が大きく落ち込むような事態が予想される場合には、回数が減らされることも有ります。

6月25日。東京時間午後の相場。ユーロ円の値幅を見ると、まだ20PIPSしかありません。非常に少ない値幅。きっとポンド円も少ないはずだろうと思ってみると、ポンド円のほうは動いています。東京時間だけで60PIPSもありました。ユーロ円の3倍です。ポンド円は、指標結果が好調だし、米ドル円や豪ドル円のように牽制が入らないからいい環境です。一番おすすめの通貨。だけど、値動きが大きいという特徴を持っています。あまり動く通貨は好きじゃないという方にとっては避けた方がいいかもしれません。通貨の特徴を無視して、数ヶ月で見たとき、一番動いていないと思うのが豪ドル円。1日1日で見ると、平均的な値幅なんだけど、日足で見たとき、5月から2円程のレンジを彷徨っています。それも、大きく見て2円で、平均が95円から96円を行ったり来たり。1円の狭い値幅を推移しています。このような状態だけを見ると、初心者の場合、豪ドル円とは大人しい通貨なんだなぁと思うかもしれません。現在、少ない値幅が長期間にわたって続いているので、そう考えるのも無理はないです。もし大人しいからやりやすいと考えて手を出してしまったら外れです。今は大人しいですが、1年間の豪ドル円がどのような動きをしているのかを知ると、よく動く通貨なんだという事がわかるでしょう。百年に一度と言われる大危機のリーマンショックを例で考えると、100円程の高値から短期間で55円辺りまで下落しています。その他にも1年で見ると、10円は変動しています。豪ドル円は決して大人しい通貨ではありません。強くなったり弱くなったり、両極端です。トレードをする時には、一部の動きだけを見て大人しい通貨だとか値動きが激しい通貨だとか判断するのではなくて、とりあえず1年は観察しましょう。すると、どのような特性があるのか、どんなニュースで動く通貨なのかよくわかるようになります。自分に合う通貨を探そうと思ったら、観察することです。あとは、デモトレードでひと通りやってみるのがいいと思います。

続きを読む≫ 2015/07/14 06:55:14

FXなどの為替取引に初めて参加されるという方にとっては色々と疑問や不安もあると思いますが、
最近のFXトレード用のアプリケーションでは誰にでも見やすく通貨ペアごとのレートが表示されていたり、
簡単な通貨トレードであればクリックだけで売買を成立させるということもできるようになっております。
実際のFXのトレードにおいては、まずFX口座を選ぶということから始まりますが、証券会社やFX業者によって、
サポート内容も異なっていることがありますので、比較サイトやクチコミサイトを参考にすることで、
自分のトレードスタイルにあっているFX口座を開設するということが重要になってくると考えられます。
FXで取引を始める際には、開設したFX口座に証拠金を預けることから始まりますがFXにレバレッジという仕組みが用意されており、
このレバレッジを活用することで証拠金の何倍、何十倍という通貨の取引も可能になってきますので、
少額の元手しかないという個人投資家の方であっても、大きな取引を実現することが可能になるというメリットがあります。
またFXのオンライトレードでは、様々な通貨をトレードすることが可能になっておりますので、
時差の関係で24時間取引が出来るようになってきますので、自分の好きな時間にリアルタイムでトレードすることも可能になります。
初めてFXに参加されるという方にとって、本当にFXで利益を出すことが可能なのか、という疑問もあるかと思いますが、
FXは為替取引の分野になりますので、経験や専門的な知識、あるいはトレード技術を向上させていくことによって、
為替レートや為替チャートの解析ができるようになってきますので、より大きな利益を狙えるようになってくると考えられます。
そうしたFXにおける上級者になるためには、やはり、数多くの取引を経験していくということが大切になってきますので、
はじめのうちは少額の通貨取引でFXの雰囲気をつかむということを目標にするのも上達への近道だと考えられます。

続きを読む≫ 2015/07/14 06:54:14

ここ最近では、外貨の動きは数年前とは大きく異なっている一面があります。その理由ですが、日本人のトレーダーの方々です。
外貨で売買を行っているのは、もちろん日本人だけではありません。世界中の方々がそれで売買を行っているのですが、最近はちょっと日本人の方々が増えてきている傾向があります。
そもそもFXという商品は、以前は法人の方々のみ売買できる状況だったのですね。個人の方々は、その商品での売買はできませんでした。
ところがある時に色々とシステムの変更が発生し、多くの会社が個人向けの商品を提供するようになりました。それで通貨を使っての売買をする方々の属性などが、変化してきたのですね。
その傾向が特に顕著だったのは、日本です。今まで日本ではその外貨による売買は困難だったのですが、その個人向けの商品が誕生してからは、多くの日本人の方々が口座を作るようになりました。そして、その人数は非常に多かったのですね。
ご存知の通り日本には、非常に多くの方々が住んでいらっしゃいます。確か人口は1億人を超えています。1億人という程ではありませんが、非常に多くの方々がその外貨を用いる商品の口座を作りました。それで昔に比べると、ちょっと通貨の動きも異なってきているのですね。
以前であれば、通貨が下落する事もよくありました。それもセオリー通り、下落する事が度々あったのですね。
ところが最近は日本人の方々が多く参入していますので、今までのセオリーが通用しなくなっている一面があります。個人の方々が独自の考えで売買を行っているので、昔のセオリーではなく最新のセオリーで売買する事も必要になっているのです。ちなみにその日本人の参加者の方々は、たまにミセスワタナベと表現される事もあります。
ただ最近では、そろそろミセスワタナベの方々の人数も停滞するのではないかと言われています。だいぶ人数が増えてきたので、そろそろこの辺りでFXの相場が落ち着いてきても不思議はないでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 14:55:01

FXで売買を行う時は、基本的にはWEB完結になります。証券会社の店舗で証券マンの方に手続きを行ってもらう訳でもありませんし、電話で売買を行う訳でもありません。あくまでもスマホやパソコンなどで所定画面でクリックなどをして売買をする事になります。いわゆる電子媒体を用いての取引になるのですね。
ところで証券会社では、たまに対面取引という用語を用いている事があります。実はその投資商品は、そのような方法でも売買を行う事は可能なのですね。前述のように大抵の会社はWEB完結になるのですが、一部の会社は例外的に対面というシステムを採用しているのです。
ところでこの金融商品で対面という用語が用いられた時には、通常は電話を指します。対面と聞くと、証券マンの方と顔を合わせての売買をイメージなさる方も多いかと思います。しかし実際には顔を合わせるのではなく、証券会社に電話をして注文などをする事になるのですね。ですので対面取引という表現ではなく、電話注文という表現が妥当かもしれません。
ただしその電話注文によるFXの売買の場合は、手数料が多少高めになる傾向があります。前述の電子媒体で売買を行う時には、基本的には数円や数十円前後でしょう。あまり大きな手数料はかからない傾向があります。ところが電話注文の場合は、かなり高めな手数料がかかる事がありますので注意が必要です。どれ位の手数料になるかは会社によって色々異なりますが、数百円位かかるのが一般的ですね。
このため電話注文ができる会社でも、ネット完結で注文ができるケースもしばしばあります。そのような会社で売買を行うのであれば、やはりネット注文をする方が良いでしょう。明らかに手数料がリーズナブルになるからです。
なお対面取引ができるFXの会社は、数は非常に少ないです。全体の20%もしくは30%ぐらいではないでしょう。またそのような会社は、たいてい日本のみになります。海外の会社の場合は、基本的には対面取引が無いのですね。

続きを読む≫ 2015/07/01 14:55:01

FXは、外国為替証拠金取引が正式名称になります。「為替」という名前がついていますが、それは郵便局などでも入手する事ができるのです。
為替は、小切手のようなものになります。まず郵便局で、日本円を米ドルなどに両替します。すると郵便局から、為替という書類が手渡されるのです。その書類は、米ドルとして通用します。
ですので例えばネットショッピングなどをする時には、為替が活用されるケースもしばしばあるのです。その買い物をする時には、もちろん海外の会社に対して支払いをする必要があります。しかし日本円は海外の会社に通用しない事も多々あるので、もちろん米ドルを入手しなければなりません。その際米ドル紙幣でなく、上記のような為替という小切手で支払う方法もあるのです。外国為替証拠金取引という名称が付いていますが、そもそも上記のような小切手と大きな関連性がある訳ですね。
そしてFXの場合は、その小切手のやり取りがWEB媒体になっているのが特徴的です。いわゆる紙媒体でのやり方ではありません。
その金融商品で取引をする時に、わざわざ郵便局などで両替手続きをする事はまず無いでしょう。あくまでもWEB媒体で手続きが行われて、それで米ドルの動きを用いての売買が行われる商品になるのです。
そして紙媒体の為替との大きな違いは、手数料です。郵便局からその小切手を発行してもらう時には、数百円前後の手数料がかかります。その手数料は、決して軽視できない一面があるのです。何回も発行してもらうとなると、数千円前後の手数料になってしまうでしょう。
ところが外国為替証拠金取引の場合は、そこまで多くの手数料はかからないのですね。少なくとも上記のように数百円前後の手数料がかかる事は、極めて稀と言えるでしょう。
しかも郵便局の両替と違って、その店舗の営業時間にも左右されません。FXは24時間で取引できるのです。
どちらも同じ「為替」という名称が付くのですが、手数料や時間帯などに関わる大きな違いがある訳ですね。

続きを読む≫ 2015/07/01 14:55:01